Posted in 嗜好品政治通信

条例案「偽情報」との闘い

ソーシャルネットワークユーザーは、情報通信省が提案した条例案に盛り込まれている規制を破った場合、最高5千万ベトナムドン(2千2百米ドル)の罰金が科される可能性があり
ます。

同省は専門家や国家管理機関に、郵便通信、遠距離通信、ラジオ、情報技術、ソーシャルネットワーク、サイバーセキュリティの分野での明確に罰則を規定する新条例案に関して意見をまとめています。

ベトナムで人気のソーシャルネットワーク「Zalo」
http://zalo.me/

同省放送・電子情報部のレクァントゥドゥ副部長によると、条例案では、特にオンライン、およびソーシャルネットワークに関する規制違反について規定されています。

ドゥ副部長は今回の条例案では初めて、ソーシャルネットワークサービスが既に個人の責任について明言していた場合の規制を詳細に記したと述べました。

条例案によると、ソーシャルネットワークユーザーは個人及び組織の情報を事前承諾なしで漏らした場合、2千万〜3千万ベトナムドンの罰金が科される可能性があります。

性的および暴力的な画像、動画、記事を含むデータをインターネットに掲載することも罰則の対象となります。これらの規制違反、またベトナムの風習にそぐわない情報を掲載することもまた、2千万〜3千万ベトナムドンの罰金が科されます。

ユーザーはベトナム当局に削除を求められたにもかかわらず、迅速にそれを行わなかった場合も罰金の対象となります。

規制案によると、偽情報の拡散やベトナム当局、組織、個人への攻撃を行ったソーシャルネットワークユーザーは、3千万〜5千万ベトナムドンの罰金が科せられます。

ソーシャルネットワークユーザーは、新規でアカウントを作る際に個人情報や他人の画像を使用した場合、1千万〜2千万ベトナムドンの罰金の対象となります。

不適切な個人情報を登録したり、掲載することでも2百万〜5百万ベトナムドンの罰金が科せられます。

ドゥ副部長によると、これらの規制はベトナムでのソーシャルネットワークの急成長に合わせて現実に即して作られているとのことです。何らかの形でソーシャルネットワークを利用している人々も、それらソーシャルネットワークサービスの大きな影響も、急上昇中です。

Posted in 嗜好品通信

モビフォン、フェイスブックと提携、無料接続サービス始動

モビフォン社はフェイスブック社と提携し、正式にフリーベーシックスとフェイスブック・フレックスのサービスを開始した。このサービスでは、モビフォン顧客がデータチャージをすることなくフェースブックにアクセスすることができます。

これにより、ベトナムで初めてモビフォン社顧客がモビフォンアカウントでフリーベーシックスとフェイスブック・フレックスを含むフェイスブックのサービスを利用できるようになります。

フリーベーシックスは無料のポータルサイトで、ユーザーにスポーツ、エンターテインメント、教育、交通、雇用、健康情報などを含む世の中の出来事に関する基本的かつ便利な情報を提供します。

フェイスブック・フレックスでは、ユーザーは簡易版のフェイスブック・ソーシャル・ネットワークにアクセスし、友人のニュースフィード、コメントの投稿、投稿メッセージの共有、フェイスブック・メッセンジャーのインスタントメッセージの送信が、モビフォンネットワークを通じて無料で行うことが可能です。

これは、口座に残高がない時でもフェイスブックへのアクセスとインターネットへの接続が維持され、社会的な繋がりを通じて情報を得続けることができる、効果的な方法です。

5月25日にハノイで催されたフリーベーシックスとフェイスブック・フレックスのサービス開始セレモニーで、モビフォン社最高責任者代理のブイ・ソン・ナム氏は、モビフォン社は、フェイスブック社と提携し、この国の携帯ユーザーに便利なサービスを提供する、ベトナム初のモバイル・ネットワーク・オペレーターであると話しました。

「この提携により、知識が広まり、人々は国際規模の第4次産業革命に加わり、恩恵を受けられるような情報が得られる。」と同氏は言います。

この2つのグループが協力する目的は、より良い世界のために人々を科学的かつ技術的実績を伴う形で結び付けることであると同氏は続けます。モビフォン社とフェイスブック社は互いを理解し、敬意を払うという基本概念に基づき、人類文化の価値感と同様に、ベトナム文化の価値観にも敬意を表しています。

フェイスブック社の事業開発部長兼アジア太平洋モバイル・パートナーのアン・ニグレンさんは、フェイスブックサービスの目的はインターネットが普及していない地域でのコネクションの提供だと話します。

「我々は人々がインターネットにアクセスし、生活をより良いものにするためのお手伝いをしたいと思っています。」そう彼女は言いました。