Posted in 就職・労働

越日大学 優秀な人材の輩出に期待

グウェンスアンフック首相は、越日大学を社会的に優秀な人材の育成に重点を置いた国際レベルの研究大学にするよう促しました。

15日月曜日に越日大学を訪れた首相は大学側に、教育と研究を両立させ、ビジネス社会との繋がりを強く保ちつつ、学生たちの将来へのビジョンや技術を育成するようにも求めました。

首相は、ベトナム社会のニーズに合った、柔軟かつ創造的で効果的な大学教育プログラムの必要性を強調しています。

また、開発モデルを完成させ、他のハノイ国家大学の傘下大学としっかり連携し、運営システムを遂行するようにも提案しました。

大学は開かれた環境を作らなければいけないし、第4次産業革命の流れに乗り、広く一般に普及した教育モデルとなる必要があるとも述べています。

特別支援プログラムを提供するなどして、優秀な科学者や運営陣の育成に重点を置く必要があると首相は考えています。

研究活動は越日両企業からの要請に合わせて行われるべきと考えており、また越日両企業からの要請に合わせる形で卒業後の就職場所の確保や紹介が行われるべきだとも考えております。それらの実現をさせるべくベトナム企業や日系企業とのパイプがある人材紹介会社などとの協力も行っていくとしています。

日系企業やベトナム企業に紹介している人材紹介会社。
キャリアリンクベトナム
https://kyujin.careerlink.asia/vietnam
S-SEIKO
http://www.s-seiko.biz/

首相は、関連省局がさっそく大学建設のために日本からODAを得る手続きを終えようとしていることを明かしました。また、大学を越日間の広範囲に及ぶ戦略的パートナーシップの象徴として発展させるよう日本側と協力することを誓いました。

越日大学は、2014年7月21日、地域、国際レベルの施設となることを目的に創設されました。学生はそこで、越日両教育部門の強みや価値と同じく、国際レベルの教育の進展を享受できるのです。

同大学は、ハノイ国家大学からの大きな支援とともに、日本の東京大学、大阪大学、筑波大学を含む30の有名大学の援助を受けています。

古田元夫学長によると、越日大学の大きな特徴の一つは、高度技術、分野間連携科学、ベトナムが必要としている分野の研究に焦点を当てていることだそうです。

予定では、大学は2020年には修士・博士課程をスタートさせます。

Posted in 就職・労働農水産

ホーチミン市、農村部労働者の職業訓練呼び込み不振

ホーチミン市は、農村部労働の職業訓練への呼び込み、また訓練生への就職斡旋にも苦労しています。

ホックモン県向こうのタントイニーコミューンのヅティーホンヌウン副長によると、農村部の労働者は低収入で不定期な職には就いていますが、職業訓練コースの受講や転職は望んでいないとのことです。

彼女のコミューンでは、美容師、運転手、ベビーシッターなど様々な訓練コースを開講していますが、受講者はほとんどいません。

ビンチャイン県のビンチャインコミューンヴォレフィヴー副長は、「農村部の労働者は家計のやりくりができれば低所得でも満足なのです」と、話しました。

「彼らの多くは生活するのにちょうどくらいの賃金を稼いで暮らすのです。」と続けました。しかし、彼らは一家の大黒柱として、職業訓練コース受講のために現在の仕事を辞めてしまうことを案じていると、同副長は指摘します。

「訓練生は費用や旅費の補助はもらえますが、家族を養うには十分ではありません。」

「コミューンでは今年、281人の農村部労働者を対象に職業訓練コースの受講を割り当てましたが、やって来たのは33人だけでした。」

「33人のうち10人が農業関係の訓練コースを受講し、残りは、IT、自動車運転、自動車整備および修理を学んでいます」と話しました。

労働傷病兵社会省ビンチャイン県支部グエンティリエム部長によると、若者の農業コースへの興味は薄く、農業部門の若手労働者の不足を招いているとのことです。

同県農村部で野菜や、蘭、観賞魚を育てている人々の多くは高齢で、若者はレミンスアンや、ヴィンロックの工業団地、ポウエン社などで働いています。

ホーチミン市人民委員会は、2017年から2020年の間に農村部1万3千の人々に職業訓練を行う計画を発表しました。

訓練終了後は、少なくとも、彼らの80%への就職斡旋を行うか、元の仕事をより良い賃金で継続させることを見込んでいます。

この計画は、ホックモン、クチ、ニャベ、ビンチャイン、カンザー、ビンタイン、ゴーバップ、トゥードック、ビンタン、第8、第9、第12の、12の行政区で実行される予定です。

今年からの5ヵ月で、合計3千8人の農村部の人々が職業訓練を受けました。

リエム部長は、短期の職業訓練コースでは企業が求めるレベルの技術の習得には至らないと話します。

職業訓練センターの設備や生産技術の進歩が実際の業界に追いついていないのです。

労働傷病兵社会省ホックモン県支部ファムコンタン部長によると、県内で1千を越える保育施設で必要とされているベビーシッターの訓練を、100人近くの農村部の人々が受講することになります。

昨年は55人の訓練生が私立の保育施設に就職できたと、同部長は話します。

企業からの要求次第では、約670人が繊維・衣類部門で働くための訓練を受講するだろうとのことです。

労働傷病兵社会省ホーチミン市支部グェンヴァンラム副部長は、地方自治体が企業や労働市場のニーズに合った訓練コースを提供するべきであると述べます。

コミューンの政府機関は企業が求める労働のカテゴリを知った上で訓練を提供し、労働市場に労働者を導く必要があるのだと。

同支部では市の機関に、農村部の人々が職業訓練コースを受講し、より良い職に就けるように、訓練生の家族へのさらなる経済支援を勧めています。